安心・安全の化粧水を使った敏感肌のスキンケア対策をしよう

婦人

自分でできる目元のお洒落

まつげ

安い費用でマツエクができるように、専用のキットが販売されています。自分で簡単につけることができますが、グルーでかぶれる場合があるため塗り過ぎに注意する必要があります。自分に合ったグルーを選ぶことが大事です。セルフマツエクであれば、自分の好きなデザインを自由に再現できるというメリットがあります。

Read More

肌が敏感な時のケア

化粧品

人気のスキンケア成分

化粧品や強い洗剤などを使った時に肌荒れを起こしたり、赤みやヒリヒリしたりするなど反応が出やすい肌を敏感肌といいます。原因は様々ですが、肌のバリア機能が低下している状態で少しの刺激にも過度に反応してしまいます。肌のバリア機能を高めるためには化粧水などのスキンケア用品でのケアと体の内側からのケアが重要となってきます。敏感肌に効果的な成分としては、低刺激ながらも高い保湿力のあるセラミドが人気です。セラミド以外にも、ヒアルロン酸やコラーゲンなども高い保湿力があるため化粧水などを選ぶ場合にはこれらの成分が入ったものが良いとされています。しかし、どんなに効果的な成分を使っていても間違ったスキンケアを行っていると敏感肌の原因になってしまうため注意が必要です。

ケアの仕方

敏感肌を改善する化粧水などの能力をしっかり発揮させるためには間違ったケアをやめて、正しいケアを行うことが大切です。間違ったケアとしては、力を込めて洗うクレンジングや洗顔、肌に合わない化粧品を使っていたり、シャンプーや洗顔料のすすぎ不足で薬剤が肌に残っていることなどが考えられます。そのためスキンケアを行う場合には、クレンジングや洗顔は優しく行って肌に負担をかけないように心がけます。化粧水など肌に浸透させるためには入浴後がベストです。入浴後の肌に潤いのある状態で化粧水で水分を肌に浸透させて、美容液で栄養を与えたら、保湿クリームなどで蓋をしていきます。また、外側からのケアだけではなく規則正しい生活や栄養バランスの整った食事など内側からのケアも大切です。

肌にはいいものを

ソープ

現在の洗顔石鹸はさまざまなメーカーが手掛けており、もはやスキンケア用品としてのカテゴリーに属しているかのようです。注目したいポイントが泡の質、汚れをしっかり取り除き肌にもいい影響を与えられるよう、もっちり・しっとりといった泡になることが意識されています。

Read More

肌にあった化粧品を使う

婦人

皮脂が少なくなったり水分の量が低下すると乾燥肌になります。乾燥肌を放っておくと敏感肌になり、ますます刺激に弱いデリケートな肌になります。敏感肌の人はサンプルを使うなどして自分の肌にあった化粧品を探すことが大切です。

Read More